【闇金融】SAPに個人情報送ってしまったらすること!

SAPという金融サイトは闇金業者が違法運営する成りすましサイトです。

綺麗なサイトを用意して見る人を信用させ、申し込んだら親切・丁寧な話口調で更に信用させて騙そうとしてきます。

まともにお金を貸してくれることはありません。

SAPに申し込んでしまった、という方はすぐに闇金対応の専門家に無料相談するしかありません。

【全国対応・相談無料・24時間受付】Duelパートナー法律事務所

申込みをしただけで、まだ被害に発展していなくても対策準備が大切です。既に闇金被害に遭っているなら尚更ですよ。

闇金対策はスピード勝負です。
SAP株式会社のサイト
※同じ名前で別のサイトデザインを使って運営している場合があります。上記の画像と異なる場合でも十分に注意してください。

詐称された会社概要
会社名
SAP株式会社
住所
〒106-0045東京都港区麻布十番1-5-10アトラスビル
連絡先
表記なし
貸金業登録番号
都(1)31006

違法金利での押し貸しや、完済させない「完済ブロック」などがあります。他にも融資の代わりに携帯電話の買取と言って騙し取られたり、銀行口座に直接入金で融資をするなどと言って騙し取られます。担保などの言い回しもあります。

怪しいと思って無視をすればいいだけではありません!

放っておくのも1つの手段ですが、勤務先情報を闇金に知られていると迷惑な嫌がらせ電話を頻繁に掛けてきます。会社全体の回線がパンクして他の電話に出れなくなるほど沢山の電話番号から掛けてきます。

警察に相談することも大事ですが、実際に被害を止めてくれるのは闇金対応に特化している専門の法律家です。

また、闇金対応が不慣れな司法書士や弁護士に相談しても、最善策を知らないため交渉決裂することが多々あります。闇金対応が得意な専門家に交渉してもらうしかありません。

被害対策を立てて、お金を借りる時にはSAP金融ではなく、法律金利で貸してくれる正規の登録された金融業者など安心できる優良の消費者金融や銀行系カードローン、カードローン会社に融資依頼をしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク