【闇金融】アドコーポレーションに個人情報送ってしまったらすること!

自宅や事務所に「中小企業振興融資通知書」というFAXを送りつけてくる「アドコーポレーション」は闇金業者です。

貸付条件表などを細かく明記して見る人を信用させ、申し込んだら親切・丁寧な話口調で更に信用させて騙そうとしてきます。

まともにお金を貸してくれることはありません。

アドコーポレーションに申し込んでしまった、という方はすぐに闇金対応の専門家に無料相談するしかありません。

【全国対応・相談無料・24時間受付】Duelパートナー法律事務所

申込みをしただけで、まだ被害に発展していなくても対策準備が大切です。既に闇金被害に遭っているなら尚更ですよ。

闇金対策はスピード勝負です。
株式会社アドコーポレーションの闇金融サイト
※同じ名前で別のサイトデザインを使って運営している場合があります。上記の画像と異なる場合でも十分に注意してください。
◆詐称された会社概要

会社名
株式会社アドコーポレーション
住所
〒105-0021東京都港区東新宿1-1-21今朝ビル5階
代表取締役
吾妻 健太郎
担当
融資部 川口 彰浩
電話番号
03-4574-6727
FAX
03-4586-7032
ホームページURL
http://adocorporation.net

中小企業を狙う闇金の手口は「融資保証金詐欺」がほとんどです。

決定した融資額の3割程度を保証金名目で、融資実行前に振り込むよう指示されますが、お金を振り込んでも融資が実行されることはありません。

怪しいと思って無視をすればいいだけではありません!

放っておくのも1つの手段ですが、迷惑な嫌がらせ電話を社内の回線がパンクするほど大量に掛けてきたり、代表者への嫌がらせ、取引先へ嘘のマイナスな噂を流されたり、対応に追われることになります。

他にも、大量の出前を送り付けられたり、タクシーや霊柩車や救急車を呼びつけられたり、中古車査定の予約をいれられたり…

闇金業者の嫌がらせは限度がありません。

警察に相談することも大事ですが、実際に被害を止めてくれるのは闇金対応に特化している専門の法律家です。

また、闇金対応が不慣れな司法書士や弁護士に相談しても、最善策を知らないため交渉決裂することが多々あります。闇金対応が得意な専門家に交渉してもらうしかありません。

被害対策を立てて、お金を借りる時にはアドコーポレーション金融ではなく、法定金利で貸してくれる正規登録された金融業者など安心できる優良の消費者金融や銀行、国民金融公庫に融資依頼をしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク