【ソフト闇金】ビップに個人情報送ってしまったらすること!

ソフト闇金ビップという金融サイトに個人情報を送っても、ただの闇金融業者の違法サイトなので、まともにお金を借りることはできません。

ソフトという言葉に騙されがちですが、完済ブロックや押し貸し、様々な理由でお金を要求されたり銀行口座を騙し取られる等の闇金詐欺被害に遭ってしまいます。

ネット申し込みでソフト闇金ビップに個人情報を送ってしまったという方は今すぐに闇金対応に強い法律家に無料相談してください。

【全国対応・相談無料・24時間受付】Duelパートナー法律事務所

既に被害に遭っているなら尚更ですよ。

キャンセルしたのに嫌がらせされている、無理やり高利で貸し付けられた、言いがかりでお金を請求されている、など即日ストップしてくれますよ。

ちなみに、警察に行く場合は逆上して被害が拡大することがあるんで気をつけてくださいね。
ソフト闇金ビップのサイト画像

金利
1ヶ月40%
返済回数・周期
1ヶ月4回・1週間毎に1回×4回
遅延損害金
10%~20%
手数料
一律1,000円

取り立ても強引です。

返済が滞ったり少しでも連絡が取れなくなると、緊急連絡先として教えてしまっている勤務先の会社や家族・知人・関係先へ片っ端から電話をかけて取り立て行為および嫌がらせ行為をされ、周囲の方も巻き込まれてしまい、闇金からお金を借りていることもすぐにバレてしまいます。

大量の出前を送り付けてきたり、救急車や消防車、霊柩車などを呼び付けられることもあります。

他にも「スマートフォンを買い取る」や「携帯電話の契約で信用情報を書き換える」などと言って契約させられて発送すると1万円ほど振り込まれるだけで連絡が取れなくなります。借りるどころか携帯電話のローンが残ります。

返済用として銀行口座を送るように言ってくる闇金業者もいます。詐欺に悪用されて口座は凍結し、銀行口座を他人に渡す行為自体が違法行為なので送った本人も罪に問われます。

ソフトな融資をしてくれるような親切で丁寧な話口調で信用させた後は平気で騙してきます。

被害対策を立てて、お金を借りる時にはソフト闇金ビップではなく、法律金利で貸してくれる正規の登録された金融業者など安心できる優良の消費者金融やカードローン会社に融資依頼をしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク